とりあえずだったのに

今少しだけ友人達の会社にお邪魔しています。いや、軽く来てよ的な元同僚に1本プロジェクト入ってよてきな感じで歩合でいいからの話で結構私には楽チンな話だしいっかなーなんて軽く請け負っていました。

 

占いだけだと正直精神すり減るし、現実社会の人と関わるチャンスだななんて思って気楽に捉え、これまじで楽しそうと気楽に考えてた。

でも実際現場はヒリヒリで元同僚は社長なのと営業なので現場にはいない。

お局様と小姑系男子の現場でした。いやはや、そういう現場は慣れている筈だったのですがだってそういう仕事だし、コンサルって屁理屈言ってなんぼだから小姑系じゃないと務まらないのは分かる。

 

でも電話占いで在宅で好きな時に待機しているような私には久々のストレスですね。

もうどうやら意味不明な固定のパターンがあって、彼らの通りに行う事が望ましい現場らしい。

目的が同じなら手段は違ってもなんて私の意見はかき消され派遣社員やったことないけど、派遣社員のような扱い。

私の専売特許の分野はもちろん私の担当だけど、でもそれは出来て当たり前なんだけど褒めてもらえてない限りは心が折れそう。

 

これってもしかして、ただの人材不足が原因で私なら断らないから呼ばれたんじゃね?と悟って1ヶ月。一応お金は良い金額もらえるし、毎日行かなくていいんだけど辞め時が見えない。1案件だと思ってたけど、今違う事もやってる。

ほっとんど陰険な社員しかおらず全員ストレスを抱えピリピリしている。

まだ3期目だから、社内の空気悪けれど仕事はあるのだからすごい会社だと思うけど、いやはや残業しなくても成果あげてる海外の統計ってマジなのかな?

 

日本の頑張らなければ勝てない教育にも一因あるのかしらと思う。

小学生の頃、すぐにいなくなっちゃったけど所謂知的障がいの子がいた。多分小4くらいだったけど、漢字など記憶系のテストは半端なく完璧。

土日に放映されたアニメを月曜日には再現してくれるという最強の娯楽を提供してくれる子だった。うちの学校にはひまわり学級のクラスがなかったけど、別に差別される事もなくあの人あぁいう人だしねーくらいで受け入れてたな。

運動も普通に出来たし、その他の記憶系じゃないテストもまぁ悪い程度で最下位ではなかった。

でもその子にとって、一度テレビで見たものは全て記憶にあるし漢字テストとかも簡単すぎるもので勉強する必要のないものだった。

 

きっと彼女は日本史なども全部年表ごと覚えられたんだろうなと思う。

だから努力しなくても得られるものがある人はたくさんいるわけですよ。でも平等教育ってもんで、誰もが努力なしには得られないとしているわけですよ。

なんかそこらへんの意識の違いで、苦手な作業を永遠させるのもどうかななんて思っています。って最近社内でそういう子を見て思った。

 

みんな出来るんだからお前も出来て当たり前なんて事はないんだけどなー。私に最終の校正チェックなんぞ誰も回さなかったけど今は平気で回ってくる。

いや、やるけど私は細かいチェック苦手だし絶対抜け漏れする。これでアスペ認定されても胸張れるくらい苦手な作業だ。

 

人材不足の案件はもうそろそろ終わりが見えてきたので、少し一安心。

私はこういう仕事がつらく占い師として生計立てられるか微妙なのにすぐ会社をやめた。フリーランス的な働き方で6年目にして運良くどうにか生活出来ているが、まぁ会社員じゃないと不安な人も多いんだろうな。

 

私は朝起きるのしんどかったし、行きも帰りもタクシー通勤しててそれはそれは電車がいやでね。ほんと目の前が会社だったらいいのにってくらいの選び方でしか職場を選んでこなかったんで、正直短期の案件とは言え毎回タクシー通勤なのでだめ系な外注です。

別に職場が嫌なら辞めちゃってもどうにかフリーランス的な働き方を模索するのもありだけど、そういう働き方こそがストレスになる人もいるのだなと勉強になりますね。

銭湯通い

最近、もう銭湯通いです。2箇所、よく行くお店があるのですがとりあえずいけるタイミングで近い場所でいっています。

随分足の硬さというかセルライトが柔らかくなりますね。ふとももをぶつけるとあり得ないイタさだったのですが、最近楽だな。

 

水風呂入るようになって、すごく長くお風呂に入れるようになりました。

いやはや、負も流しすぎるのも結構うっとくるものがありますけどまぁたぶん普通でしょうな。