あの日

 やっぱり買いました。

あの日

あの日

 

 渋谷の丸善ジュンク堂が一緒の本屋さんで購入。意外と売れてませんでした。

もしかして足してるからかな??

 

とりあえず前半は細胞だとか大学とか理研に入るまでの話。

後半からは流れを説明する感じですが、ぐいぐいと小保方さん擁護になる私。

若山先生、きらいっーて簡単に引き込まれますよ。これ。

 

若山先生がどれだけ悪どくてって話を見たけど、でも笹井先生も若山先生も小保方さんの巨乳に目がくらんで足を踏み外したとかだったらすごく人間っぽいな。

案外そんなもんなのかな?とか思うと説明つくんだけどなー。

 

いろんな陰謀論あるけど、さすがに世界中の科学者が全員出来ないのにどこかの世界には陰謀論に関係ない科学者いるだろうし。だから今んとこ証拠がないくさいらしい。

私の理系の知識がなさすぎて、細胞らへんの前半は読み飛ばしたしほぼ軽く流し読みしたからさ。

 

でも小保方さん綺麗よ。綺麗。儚げの幼い顔の守ってあげたくなる感じの会見でしたもん。あの印象のか細い声が今私どもの小保方さんのイメージ。

これファン増えてしまうのでは?と吸い込まれる本だったけど、もう読み返しはしません。