ポーの一族を読んだ

 ポーの一族ってすごい漫画だな。

1972年の作品なのか、生まれてないや。トーマの心臓を読んだのが、中一だったけど内容忘れたけど萩尾望都って基本これだよねと再確認する作品。

ポーの一族 (1) (小学館文庫)

ポーの一族 (1) (小学館文庫)

 

 

全体的にとりとめもないと言えば、とりとめもないんだけど。

というか、そういうと全ての文学作品も含め漫画もとりとめもない。

 

若い頃は寺山修司にはまってしまい、寺山修司の本に書いてある事をね実行したり痛い人間だったけどまぁそれも人生だ。

さて、今日は面接。

面接ね、以前は良い方ばかり来てもらってたけどあの頃はそれが普通だと思ってた。

でも違ったなー恵まれてたなーと思う子ばかり。

 

さて今日はどんな子だろう。