8月の家族たち

 アマゾンビデオで8月の家族たちを見た。

プライム特典ですが、いずれnetflixみたいになってくれるんですかね?

 

 

 メリルストリープのいかれたお母さんがもうどうしょうもない感じで最高です。

なぜかDVD見ている最中に、台湾に行きたくなり小籠包の美味しい店を探しながら映画を見たのですがながらじゃないと見てられないお話です。

 

内容はさておき、台湾情報検索してたんですが風水グッツのおろし業者さんはけん!!富の壺を作りたいなんて気分になりますね。

って現実逃避してしまうような、映画ではあるまじき現実を突きつけてきます。

なんでここまで現実見せるの?

 

女ならあるあるのヒステリー(いや、うちの家系ではあるあるだし日常だしwww)それがこんなに表沙汰になる事ってある?

遺伝子が傷ついているとか、先祖の代はどうせ農民の私の先祖は近親婚しかなかったろう。とか現実的な話もできるけど、そんなの結果が出てしまっている以上は抗えない。

 

うちの母は姉妹ですが、妹の方も最近きてますね。びんびんきてる。

血は水よりも濃いのですね。

どこの家もこうなのかしらと思える映画で、私のような人間には安心出来る内容。

これでメリルストリープは賞もらってるんだけど、もしかしてこういう母親が巷には多いって話かしら?

 

アメリカ人も複雑なのね。